どうみん割にこだわらず北海道内旅行

どうみん割始まりました。

 

 

いきなり売り切れ続出ですが、そもそもどうみん割に期待しすぎの人が多いように思います。

 

まず北海道民の道内旅行は昨年の7月~9月では日帰りが約1520万人、宿泊が272万人。

これは延べです。

 

今回のどうみん割の予算は23億円。

仮に一人1日(1泊)あたり8千円とすると30万人分しかありません。

宿泊オンリーでも1割ちょっとで、日帰りも入れると2%にもなりません。

日帰りは対象外にものも多いですが、日帰りバスツアーや体験観光は対象になるものも多く、宿泊も合わせれば300万人(延べ)は超えるでしょう。

つまり1割前後かそれ以下です。

 

また、当然ながら安くなれば人気が集中し、行きたいところがいけなくなります。

 

どうみん割が完売でも通常の宿泊や旅行の枠があるものはあります。

 

1万円の割引を優先するのか、それとも行きたいところに行きたいタイミングで行きたいメンバーで行くことを優先するのか。

 

どうみん割は最大で半額補助ですが、逆に言えば半額以上は自腹です。

 

どうみん割に踊らされず、「特に貯金がある人は」自腹で行くことで、貯金が少ない(時間も少ない)若い人がどうみん割を利用できるようにしてあげたいと思います。

 

というわけで礼文島と稚内をまず予約しました。

礼文島の宿はどうみん割対象外、稚内のホテルは対象内でしたが直接予約が面倒で楽天トラベルで予約。

 

機会があればどうみん割も使うかもしれませんが、あまりとらわれずに旅行をし経済に貢献しながら楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200613三角山~大倉山~奥三角山縦走

2020年6月13日

札幌の三角山、大倉山、奥三角山を縦走しました。

 

写真

 

スタートは地下鉄東西線の西28丁目からバスで登山口に向かいます。

巡回バスの20号(北海道神宮回り)です。

今回は西28丁目を13:05に出るバスに乗り、13:15に山の手4条11丁目到着。

そこからやや円山公園方面に戻ったところにバス登山口への道があります。

 

そこを少し登ったところに駐車場もあります。

そこから登山開始。

 

三角山は約30分で登れました。

部分的に急な所もありますが、普通のスニーカーなどで十分登れます。

この日は暑かったこともあり虫もいました。

半袖で行きましたが、長袖か虫よけスプレーをかけておく方がよいかもです。

 

三角山は標高311メートル。

頂上からは札幌の街並みや円山公園などが見えます。

 

そこで休憩し大倉山へ。

三角山から大倉山は約20分。

 

急な登りは一か所しかなく、それほど疲れませんが、ボーっとしていると大倉山を通り過ぎそうになります。

道に大倉山がわかる看板はないのですが、ふと左に道がありその先に大倉山頂上の施設があり気づきました。

 

ここではソフトクリームなども買えます。

休憩はここでしっかりとるのがよいでしょう。

 

そこから奥三角山へ。

約25分ぐらいでしたが、かなり疲れました。

特に終盤は急な登りです。

 

降りる際は三差路のようなところで間違えないことです。

登りのときに「奥三角山」という表示があった場所は下りのときは「大倉山」と「小渕沢」という表示が近くにあります。

この小渕沢側に降りていくと約20分で道に出ます。

 

そこから円山公園までは徒歩1時間近くかかるようです。

雨が降ってきて歩こうと思ったら近くを通った車が乗せてくれました。

 

ほんと助かりました。

 

写真

 

 

 

 

 

 

 

三角山~大倉山~奥三角山登山の写真

家庭での通信環境変化。光回線は減っている?

知りたいことがあり、総務省が先月発表した通信利用動向調査をチェックしました。
昨年秋の調査結果なので今とは違うのですが、いくつか面白い内容があります。
その中の一つが、企業では約9割近くが光回線であるのに対して、家庭は半分超えたぐらいで昨年の調査では減っていること。
他にも利用用途でメールの送受信が少し減っているとか。
テレワークも思ったより伸びているんだなと感じました。
今年の調査(来年発表)はどう変わりますかね。

アフターコロナの時代に北海道旅行を勧める理由

毎年もしくは数年に1回海外旅行に行く人多いと思います。

 

でも今年は新型コロナウィルスの影響でなかなかいきにくい。

海外渡航の解禁が不明ですからね。

 

そういう人には北海道旅行がお勧めと思います。

 

人は何故海外旅行に行くのでしょうか?国内旅行ではなく。

 

その理由は人それぞれですが、身近にない美しいもの(価値観は人それぞれ)を見たい、美味しいものを食べたい、日常から離れたいなどありますよね。

 

確かに近すぎる場所への旅行ではそれらは満たされない(旅行に行くまでもないから)かもしれません。

 

でも私も2017年に日本中旅行して思いましたが、いろいろな地域に住み出張もあった私でも知らない場所はかなりあり、知らない発見はあり、満足度はかなり高かったです。

 

そして多くの日本人にとって未知の世界が北海道です。

知っているつもりでもほとんど知らないのが北海道です。

 

釧路湿原などの道東、ニセコ周辺の「田舎」などがその象徴でしょう。

 

道北やオホーツク側なんて知らない人の方が多いと思います。

函館は夜景やイカだけではありません。

 

1週間ぐらい旅行するなら、北海道はお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタルマーケティング、旅行、スポーツの話題中心に更新します。

近所の猫。

 ぼちぼち更新しますので、少しお待ちください。