2019/8/14空沼岳登頂

2019年8月14日、空沼岳に登頂しました。

 

まず地下鉄で真駒内駅に向かいます。

真駒内駅のバス停2番乗り場から空沼登山口行のバスに乗ります。

通常は空沼二股行のバスですが、夏場の週末・祝日のみ空沼登山口まで行くバスが何本が出ます。

時刻表を事前に確認しましょう。

私は7:15のバスで向かい、7:40ごろ到着。

そのバス停で降りた人は私含めて2名。

バス停の標高はコンパスによると340mでした。

空沼という矢印のついた看板を頼りに20分ぐらい真駒内川沿いに歩くと入山届を書く小屋があります。

私は6組目でした。

 

そこから早速川を渡る橋があるのですが、木の枝や石でできた橋が多いのが特徴です。

あせらずバランスを気を付けてわたりましょう。

そこが登山口です。

 

途中は泥だらけの道や石道なども多いので足場には注意しましょう。

 

また倒木に道を遮られることも何度かありました。

倒木を超えたりくぐったりします。

帽子をかぶっているとツバの上が見えず頭を打つことがあるので要注意。

 

比較的空が開けているので、帽子やサングラスはあったほうがいいです。

朝早かったのでそれほど気になりませんでしたが、昼頃は真正面に太陽がある時間が長いかもしれません。

約2時間で万計沼へ。

 

色々なガイドを見ると、登山口バス停から万計沼まで2時間と出ているのでここまでは予定通り。

しかしここから先の登りや下山時はガイドの時間を大幅に超過しました。

 

注意点として休憩できる場所が万計沼まであまりないので座れるところがあったらそこで休憩することをお勧めします。

 

また万計沼は唯一休憩をゆったりできる場所ですので、ここで食事やトイレなどを済ませてください。

 

万計沼から真簾沼までは比較的緩やかな登りが多いです。

万計沼が緑だとすれば、真簾沼は青いです。開けています。

 

沼畔は岩だらけなので歩きにくいです。

 

そこから頂上までは最初はそれほどきつくないのですが(道は狭いです)、

最後の方はかなりきついです。

 

万計沼の手前と頂上の手前がハードでした。

 

空沼岳頂上(標高1251m)についたのは11時45分。

ガイドブックなどだと万計沼から頂上は1.5時間ということですが、私は2時間かかりました。

 

頂上はそれほど広くないのですが、先客が3名いて、私のあとに2名登ってきました。

それぐらいだと大丈夫ですが、岩しかないので、ゆっくり落ち着く場所はないです。

 

でも景色は絶景です。

北には札幌市街地が広がり、札幌ドームや真駒内アイスアリーナ、藻岩山などが見えます。

西にはすぐそばに札幌岳が見えます。

その左遠くには羊蹄山が見えます。その時は雲の上から頂上が顔を出していました。

 

南側は霧がかかっていて、恵庭岳や支笏湖は見えませんでした。

 

数分滞在の後下山。

 

私の場合下山にてこずりました。

疲れがあるのと、足場が良くない場所が多いため、何度か転びました。

下山時は足元要注意です。

登山口バス停に戻ったのは15時30分ごろ。下山には3時間35分かかりました。

ガイドブックの目安より1時間オーバーです。

 

バスは1日に2本しかなくしばらく来ないため、空沼二股バス停まで約20分歩きます。

そして16時15分のバスで真駒内駅に向かいました。

 

30年前に御嶽山や八ヶ岳に上ったことはあったものの、いずれも天候不順で途中まででしたし、

なにせ45歳で久々の登山ですからきつかった。

 

その他気付いた点です。

水は2リットル持参。

登るときは500mlしか飲みませんでしたが、頂上で250ml補充、降りるときに750ml飲み、

バスの中などでもかなり飲んだので、2リットル持参で丁度よかったです。

 

それぐらいは持参したほうがいいでしょう。

途中で自動販売機などもないので、真駒内駅に戻るまでは何も補充できません。

 

また車で来ている人もいて、3か所の駐車場で4台見ました。

 

登山経験豊富な方には楽しい山だと思いますが、経験浅い私のような人にはキツかった!

 

今後札幌岳や余市岳、羊蹄山などにも挑戦したいと思っていますが、ちょっと鍛えます。。。。

 

空沼岳の写真 

 

空沼岳の写真(2019/8/14)

2019/8/13藻岩山登頂

札幌に来てからずっと登ろうと思っていた藻岩山に初めて登るました。

 

スキーは2回しましたが、登頂が初めてです。

 

藻岩山に登るルートは5つあります。

今回は旭山公園ルートで登頂し、慈恵会ルートで下山です。

 

旭山公園ルートと小林峠ルートが最初に合流し、その後慈恵会ルート合流、北ノ沢ルートと合流となります。

スキー場ルートだけ逆側ですので合流しません。

 

地下鉄円山公園駅からバスで旭山公園に向かいます。

1時間に1本しかないことが多いのでので、事前に時刻を確認しましょう。

 

終点の旭山公園バス停は旭山公園ルートをすでに0.9km登ったところにあるようです。

ですので、事前の調査では4.0kmあるはずだったルートですが、実際は3.1kmです。

 

札幌は虫があまりいない印象ですが、山にはいますので虫よけはしましょう。

登りは森林というか樹に囲まれていますので、ところどころ太陽が見えますが、風も少ないです。

 

ところどころハードな道もあります。

朝早く(8時前に登頂開始)ということもあり、登る途中ですれ違った人は20人ぐらいです。

 

途中で他のルートと合流していくと徐々に登る人も増えてきます。

9時11分に登頂。

 

直前から雨が降ってきました。

合流地点ぐらいから霧に突っ込む感じになったのですが、天気予報があまりあてにならないなあと感じました。

標高が531mとは言え山ですから麓と天候が違うかもしれません。

 

朝早いと売店やロープウェイは空いていません。

机が2つある休憩所で汗を拭いたり水分補給したりしてトイレに行って下山です。

自動販売機もあります。

 

下山は40人ぐらいの人とすれ違いました。

ルートが一番整備されている慈恵会ルートを選んだこともありますが、10:30ごろから売店が空くので、

それに合わせて登る人が多いのでしょう。

子供も2割近くいて、女性の方が多かったように感じます。

 

下山し慈恵会バス停(セイコーマートの向かい)からバスに乗ろうとしましたが、1時間に1本しかないバスはしばらく来ない。

 

事前に調べてはいたのですが、思ったより下山に時間がかかってしまいました。

そこで市電の西線14条まで徒歩15分ぐらいで行けそうだったので歩くことに。

そしたら4分歩いたところにバスターミナルらしいきものを発見。

啓明バスターミナルでした。

 

ここは路線が多く、中島公園や大通り、真駒内などに向かうバスがあります。

路線それぞれは本数が少なく1時間に1本程度ですが、どこでもいいから地下鉄に出たい場合は便利です。

そこで5分待ち中島公園までバスで向かいました。

 

藻岩山は気軽に登れる山ですが、それなりの準備は必要です。

次回は最も距離が長く、登山口に行くにも時間がかかる小林峠コースに挑戦したいと思っています。

 

藻岩山の写真

 

藻岩山の写真(2019/8/12)

2019/8/10-11天売島と焼尻島旅行しました。

天売島と焼尻島に2019年8月10日-11日に行きました。

 

天売島の写真

焼尻島の写真

 

札幌から行くのは、バスで羽幌に行き、そこからフェリーで島に渡ります。

 

今回は札幌を10時に出る沿岸バスで向かいます。

 

季節によってフェリーの時間が変わりますので、それを確認の上最適なバス時間を選んでください。

またお盆の時期と年末は札幌発のバスが「予約制自由席」になります。

これは混雑状況に合わせて増発するためのようです。

 

そして増発した場合、最初の便は時間前に出発します。

フェリーに乗る方は早めに並んで最初の便に乗るのがいいようです。

 

私が乗車した8月10日の10時の便は2便でした。

 

事前に電話で予約し、当日朝12番乗り場付近にあるチケット販売所でチケットを購入します。

往復で買うと割引があります。

 

11番乗り場に9時ごろから並んでいましたが、誰もいませんでした。

9時20分ごろから並ぶ人が増え、9時30分過ぎにバスが到着。

そのバスは9時50分ごろ出発しました。9割方席は埋まっていました。

そこから約3時間15分バスに揺られます。

 

途中砂川SAで休憩があります。

 

留萌からは左側に海が見え、対岸に焼尻島と天売島が見えてきます。

 

羽幌の本社ターミナルで下車。

そこからフェリーターミナルには接続バス(200円)が出ます。

 

到着したらフェリーのチケット発売前だったので並びました。

羽幌沿海フェリーは高速船に限り予約が前提になります。

今回はそこまで混んでいなかったので、当日でも買えるようです。

出航の30分前から発売開始。

 

そして15分ぐらい前に高速船が入ってきたので、乗車。

途中焼尻島を経由して天売島までは約1時間です。

高速船は早いですが、車やバイクは乗れません。

こちらも混んでいて8割方埋まっていました。

大きな荷物を持った方が多かったようです。

 

到着後レンタサイクルを借りました。

フェリー乗り場近くに2件レンタサイクル屋さんがあります。

 

電動自転車は1台しか余っていなかったのですが借りれました。

天売島はかなり起伏がありますので、電動自転車がおすすめです。

 

天売島は北側が季節(6月~8月)は一方通行になっています。

その関係でルートは決まってしまい、まず南側を走る1周コースです。

 

トイレが限られていますので、ある場所では休憩をお勧めします。

 

南側は学校などを横目に、野鳥も見ながらノンビリ走りますが、終盤きつい上り坂があり、灯台や展望台がある場所に到達します。

天売島と言えばウトウの子育てが有名ですが、8月はすでに終わっていて少ないです。

 

展望台からの景色は素晴らしく、巣穴などが見えます。

 

北側は上り下りが激しいところを進み、最後は下り坂が多いです。

事故が多いようなのでスピードの出し過ぎに注意しましょう。

 

 

いたるところで野鳥がいますので、よそ見したくなりますが交通量は少ないので停車して観察するのがいいでしょう。

 

また野鳥の死骸が至る所にありました。(30羽以上)

後で知ったことですが、野良猫の被害のようです。

 

そしてフェリーターミナル付近に戻りました。

自転車は3時間借りていましたが、2時間で回れます。

 

宿泊先は「青い鳥」

近くに岬や港があるので、窓を開けると野鳥の鳴き声がよく聞こえます。

夕食前や翌日の朝食前に散歩しました。

 

お土産屋さんはフェリーターミナルの近くに何件かあります。

焼尻島にはないようなのでお土産を買うなら天売島でしょう。

 

天売島の写真

 

続いて焼尻島へ。

天売島から焼尻島へは高速船で15分。

朝の便は空いていました。

2つ日間の感じだとどの経路も昼前後の便がもっとも混むようです。

 

焼尻島も到着後レンタサイクル(電動自転車が1台しかここも空いていなかった)を借りて島を回ります。

自転車ロードがあるので、そこを進みます。

途中島の中央にある森林やその先の牧場に囲まれた一本道を進みました。

 

焼尻島は羊で有名です。

 

そしてゆるやかな坂をまっすぐ西に進み、天売島が見える展望台に達します。

途中北側には利尻山が海の向こうに見えました。

 

そして終盤は下り坂が多い道を下ります。

絶景が広がり、海がきれいです。

焼尻島でも野鳥が見えます。

 

フェリーターミナルに戻り海鮮カレーを食べました。

海鮮カレーは牡蠣などが入っていておいしいです。

食堂は混んでいますので要注意。

 

そして13時台のフェリーで羽幌に向かい、札幌に帰ったのは18時過ぎ。

 

次行くときは5月下旬~7月中旬に行きたいと思います。

 

焼尻島の写真

 

 

 

 

 

デジタルマーケティング、旅行、スポーツの話題中心に更新します。

近所の猫。

 ぼちぼち更新しますので、少しお待ちください。