2022年北海道日本ハムファイターズ戦力外予想

今年もファイターズの戦力外予想をします。

毎年辛いですが、予想していないとさらに辛いし、来季を考える上で行っています。

今年は多くの選手が一軍でプレーして結果を出しただけに難しいです。

 

過去の予想振り返り

(2021年オフの戦力外)  

予想:斎藤佑(現役引退)、田中瑛(育成)、金子、村田、柿木(育成)、梅林(育成)、難波(育成)、今井(育成)、谷口、片岡(育成)

実際:斎藤佑(現役引退)、田中瑛(育成)、村田、長谷川(育成)、鶴岡、今井、難波(育成)、樋口(育成)、谷口(現役引退)

 

予想外だったのが長谷川と鶴岡、残ったのは金子、梅林、片岡。

梅林は今年いい働きをしましたし、片岡は初安打マークしました。ごめんなさい。

田中瑛は支配下復帰しましたね。

 

(2020年オフの戦力外)  

予想:斎藤佑、鈴木遼、吉田侑、浦野、黒羽根、難波(育成)、姫野(育成)、白村(育成)、谷口

実際:鈴木遼(育成打診)、吉田侑、浦野(引退)、宮台(育成打診)、黒羽根、姫野(育成打診)、白村

斎藤佑樹と谷口の残留が予想外で、宮台の戦力外も予想外でした。>

谷口は西川の海外移籍可能性が理由かと思いますが。

 

(2019年オフの戦力外)

予想:中村勝、立田、田中豊樹、実松、高濱、森山、岸里

実際: 中村勝、立田、田中豊樹、実松(引退)、高濱(育成)、森山、岸里 、高山(育成)

 

ここで戦力外予想があたってしまった高濱が2020年に支配下に復帰し、2021年は途中からレギュラーになっています。

高卒選手は難しいですね。

 

(2018年オフの戦力外)

予想:新垣、石井裕也、白村、黒羽根、大累、森本、矢野

実際:新垣、石井裕也(引退)、高良、大嶋、大累、森本(育成)、矢野(引退)

 

(2017年オフの戦力外)

予想:瀬川、榎下、斎藤、石井裕也、大累、杉谷、矢野

実際:瀬川、榎下、宇佐美、

 

2017年は大外ししてその後杉谷は活躍しています(ごめんなさい)。

 

年々精度は上がっている気がします。。。。

 

ドラフト予想

まずはドラフト予想です。

BigBOSSの要望が即戦力補強ということです。

これは現戦力では足りないということでしょう。

捕手や二塁もそうですが、外野も選手層の薄さは実感したように感じます。

投手も足りません。

名前はあげませんが、指名するポジションの予想

1位:大卒投手

2位:大卒内野手

3位:高卒投手

4位:高卒外野手

5位:高卒捕手(もしくは大卒外野手)

6位:大卒投手

7位:大卒投手

 

若い内野手はここ数年高卒内野手を獲得していますからないでしょう。

BigBOSSは即戦力野手を望んでいるようですが、個人的には万波・田宮より下の世代の外野手・捕手がいないことが気になります。

世代バランス考えれば、外野手と捕手は高卒ではないでしょうか?

大卒捕手でも即戦力にはなかなかならないですし。(日ハムでいえば大野ぐらいでした)

 

戦力外予想

戦力外の人数

このドラフト予想をベースにします。

まず支配下の人数が69人、うち助っ人が7名です。

開幕時に支配下65名で助っ人5人、もしくは支配下66名で助っ人6人と想定します。

つまり日本人の支配下は60名。

ドラフトで7名指名するのであれば、9人が離れることになります。

 

そこで引退・戦力外で9名を想定します。

ポジションは投手4~5名、捕手1名、内野手1名~3名、外野手1名~2名ではないでしょうか?

現役ドラフトも今年はありますが、とりあえず想定はしません。

 

【助っ人の予想】

例年は助っ人の予想をしていないのですが、今年はします。

(残留予想)

ポンセ、メネズ、ロドリゲス、アルカンタラ

(今期限り予想)

ガント、ヌニエス、王

(新助っ人ポジション)

一塁か外野を守る野手(指名打者要員でも可)、先発型投手(6人態勢で行く場合)

 

【投手】

ドラフト・助っ人補強も考え、投手の戦力外予想は4人です。

 

来季の構想

【先発投手】11人(一軍は助っ人含め6人前後)

・軸:上沢、伊藤、加藤、

・候補:根本、鈴木健、上原

・一軍で鍛える:立野、田中瑛

・二軍で育成:達、

・ラストチャンス:杉浦、池田、

【中継ぎ・抑え】16名(一軍は8名)

・軸:井口、堀、石川直、玉井、北山

・候補:吉田、河野、古川、

・一軍で鍛える:福田、北浦、

・二軍で育成:畔柳、長谷川威、松浦、

・ラストチャンス:生田目、宮西、柿木

 

【予想】

戦力外候補:金子、西村、谷川、望月(育成)

 

金子は昨年も候補にしていました。谷川は年齢的にもここからの成長は期待しにくい。

西村と望月は悩みますが、他の選手との兼ね合いです。望月には育成契約が提示されると予想しています。

もし誰かが引退となれば残留の可能性はあります。

 

育成から復帰した田中瑛や4年目を終える柿木も瀬戸際と思いますが、トライアウトに合格したと言っていいのではないでしょうか?

生田目は現役ドラフトに選ばれる可能性があると思います。

 

【捕手】6-7人 一軍は3人

・軸:清水、宇佐見

・候補:古川、梅林、石川亮

・二軍で育成:田宮

・瀬戸際:郡(ドラフト次第で戦力外)

・戦力外候補:なし

 

昨年最初の戦力外候補では宇佐見を予想していましたが、終盤に活躍し外していました。今年は昨年終盤からの調子が続いています。

梅林もよかったですね。

みな一軍マスク被ったのでかなり悩みました。

 

このオフ、捕手の戦力外はないように思います。

みな課題があるので来年正捕手が決まらなそうですが、落第とまでいえる選手はいません。

ただもう経験を積んだので、みな来年が正念場です。

もし戦力外になるとすれば、郡ではないでしょうか?もう5年目終わりましたし、捕手としての信頼性が低いように感じます。ドラフト次第では戦力外の可能性ありです。

【内野手】13人 一軍は7人前後

・軸:野村、上川畑

・レギュラー争い:清宮、石井一成、

・一軍濃厚:谷内、

・がんばれ:渡邊諒、水野、佐藤、

・二軍で育成:有薗、阪口、細川、

・瀬戸際:杉谷、中島、

・戦力外候補:高濱(育成)、上野(育成)

 

昨年は軸不在としていました。今回は野村と上川畑を軸としました。

選手層の薄さが課題で、渡邊諒には復活を期待したいです。

ベテランの杉谷と中島は十分ではないですが、まだ活躍の場はあるかなという評価ですが、戦力外になってもおかしくないです。佐藤も同様です。

今年は不振の高濱と成長が鈍ってしまった上野の戦力外・育成を予想しました。

 

なんといってもサードですね。野村以外に一軍レベルのサードがいないので、ドラフトではサードの補強が急務でしょう。

 

【外野手】7人 一軍は6人前後

・軸:近藤、松本

・レギュラー争い:今川、万波、浅間、

・がんばれ:五十幡

・二軍で育成:なし、全員一軍狙え

・ラストチャンス:木村

・戦力外候補:片岡(育成)、宮田(育成)

 

今年一番外したのが松本。昨年は「ラストチャンス」と予想していましたが、そのラストチャンスで大ブレーク。ごめんなさい。

そもそも西川と大田のノーテンダーが予想外でしたが。

日ハムの外野は一番若い万波が高卒4年目。木村の次が近藤と松本の高卒11年目ということで年代が固まっています。そのため、全員が来年レギュラー勝負です。

その中でまだ厳しそうな片岡と宮田は育成になりそうに思います。

 

(予想)

投手:金子、谷川、望月(育成)、西村

捕手:なし

内野手:高濱(育成)、上野(育成)

外野手:宮田(育成)、片岡(育成)

 

9人戦力外と予想しましたが8人です。あと1人。

ドラフト次第では郡があり得ますし、投手からもう一人の可能性もあります。

助っ人次第でもあります。

助っ人野手の内外野構成がどうなるのか?

 

気になるのはベテラン陣の去就。

金子千尋もそうですが、宮西も気になっています。

 

この予想に入れていないけど一人気になっているのが杉谷。

今年は野村・水野の故障、渡邊の不調もあり一軍にいる期間が長いですが、彼らが揃うと二軍ですよね。

 

あとはFAやトレードですね。

有原が復帰しないかなとか、筒香狙わないかなとか、FAに参戦しないかなとかいろいろ言われています。そこも注目です。

捕手でもしFA選手が出たら取りに行く可能性高いかなと思います。

 

【2022年9月11日追記】

宮西が9月6日に手術しました。全治3か月ということ。

これは来年もファイターズで現役ということでいいんでしょうか?

 

【2022年9月25日追記】

佐藤が過度の不振で二軍へ。谷内の好調、細川の成長考えると、佐藤も危険ですね。

 

(予想修正)

投手:金子、谷川、望月(育成)、西村

捕手:なし

内野手:高濱(育成)、上野(育成)、佐藤

外野手:宮田(育成)、片岡(育成)