東京五輪チケット当選確率を予測する

東京五輪のチケット抽選申込の結果が出ました。

札幌ドームのサッカーを2日間申し込んでいましたが、1日だけあたりました。

 

周囲を見ていると2割~3割の人はなんかしらあたっているような気がします。

 

そこで倍率を予測しました。

まず五輪チケットIDを保有している人は750万人だそうです。

仮に8割の人が実際に申し込んだとすると600万人です。

 

そして一人がいくつの試合に申し込んだかですが、ここでは仮に5試合とします。

そして人数は1人~6人の可能性がありますが、3人とします。

そうすると、申し込まれた席数の合計は9000万席です。

 

次に販売される席数ですが、以前780万席と出ていました。

これらすべてを今回の抽選で決めるのかわかりませんが、

仮に2/3にあたり520万席を決めるとします。

 

そうすると倍率は17倍~18倍になります。

当選確率は5%~6%です。

 

当然ながら人気不人気があります。

関東の試合は人口から応募が多いでしょうし、開会式・閉会式は人気でしょう。

水泳や陸上は人気でしょうし、キャパが少ないところは倍率があがります。

メダルがかかる決勝戦は予選リーグより人気があるでしょう。

 

また私の経験だと応募が多いのは一番いい席(一番高い)と、一番安い席です。

開会式で言えば、30万円の席と2020円の席。

 

逆に私が当選した札幌ドームのサッカーは倍率低いでしょう。

 

仮に応募があった9000万席のうち8000万応募が人気のある席(仮に200万席とします)に集中し、

残りの1000万応募が残りの320万席に集まったとします。

 

そうすると人気がある席は倍率が40倍、それ以外は3倍になります。

 

おそらく開会式の2020円の席は100倍を超え、低い席は2倍でしょう。

 

ここまでの仮説は「1席あたり」ですから、複数人数で申し込んだ人はもっと倍率があがります。

 

4人で申し込んだ人は倍率がさらに倍ぐらいになるでしょう。

 

みなさんの周りはどんな感じでしょう。